米ウォールストリート・ジャーナルは6月25日、米百貨店大手のメイシーズが全従業員数の3%に当たる3900人の人員削減に踏み切ると報じた。同社は2月に2000人を削減したばかり。全米の店舗や顧客支援部門などでさらなる削減を予定するが、「収益が改善すれば再雇用を検討する」(同社)と言う。