ロイター通信は6月25日、米疾病対策センター(CDC)によると米国で新型コロナウイルスに感染した累計人数は公式発表数の約10倍に当たる2000万人に上る可能性があると報じた。CDCが抗体検査の結果に基づき、試算した。これが事実だったとすると米国の新型コロナ感染症による死亡率は想定よりも低いことになる。なお、同月24日に新規で確認された米国内の感染者数は3万6000人で、4月24日に記録した最大数の3万6426人に迫る。