米ニュースサイトのビジネス・インサイダーは6月24日、新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の景気後退が想定していたよりも深刻で、回復には時間がかかりそうだと報じた。国際通貨基金(IMF)は2020年の世界経済成長率を4.9%のマイナスと予想。4月の3%縮小の見通しから下方修正した。21年の成長率の見通しも5.8%の成長から5.4%に下げた。