ロイター通信は6月24日、ドナルド・トランプ米大統領による新型コロナウイルス感染拡大対策の支持率がこれまでで最低を記録したと報じた。ロイターとイプソスが6月22~23日に実施した最新の世論調査によると、支持率は37%だった。同月20日にトランプ大統領が南部オクラホマ州で開いた選挙集会で「検査数を減らすべきだ」と発言したことや、ジョン・ボルトン前大統領補佐官が出版した回顧録の中で同大統領が中国政府に再選に向けた支援を依頼したことなどが影響した。