米ウォールストリート・ジャーナルは6月23日、米ミズーリ州控訴裁判所が米医薬・日用品大手のジョンソン・エンド・ジョンソンに対して、タルク(滑石)を使用したベビーパウダーが原因でがんを発症したとする女性22人への賠償責任を認める判決を下したと報じた。ただ賠償額は46億9000万ドルから21億ドルに減額された。