米ニューヨーク・タイムズは6月22日、新型コロナウイルスによる経済停止で大打撃を受けた雇用を救うため、全米の市や州がさまざまなプロジェクトを立ち上げて失業者を直接、雇う取り組みが広がっていると報じた。例えば、ペンシルベニア州知事は秋の感染拡大第2波に備えて感染状況を追跡する仕事を失業者に提供。テキサス州オースティンの市議会は夏季に発生しやすい火事の対策プロジェクトを立ち上げ、失業者を雇用することを決めた。