米ニューヨーク・タイムズは6月17日、米ディスカウントストア大手のターゲットが最低賃金を2ドル上げて15ドルにすると報じた。7月末には時給で働く従業員に200ドルの一時金も支払う。同社は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて7月4日までの期間限定で時給を15ドルに引き上げていた。これを同月5日以降も期限を決めずに継続する。