ロイター通信は6月9日、米大手百貨店のメーシーズが新型コロナウイルスで停止していた米経済が徐々に再開し始めたものの、通常に戻るのは来年の終わりごろになるだろうと話したと報じた。百貨店は新型コロナ感染拡大の打撃を最も受けている業界の一つで、同業のJCペニーやニーマン・マーカスは経営破綻している。メーシーズも2020年2-4月期の営業損益で10億ドルの赤字を計上する見通しだという。