ドナルド・トランプ米大統領に米国で新工場を建設し、多くの雇用を生むと約束していた台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業傘下の富士康科技集団(フォックスコン)が、米インディアナ工場の生産の一部をメキシコに移転し、155人を解雇していたことが分かった。ロイター通信が4日に報じた。フォックスコンは2017年末時点で世界に98万8000人を雇用しているため、155人は割合としてはごくわずか。同社はロイター通信の取材にはすぐには応じなかったが、インディアナポリス・ビジネス・ジャーナルには、今回の解雇が他工場などに広がることはないと説明している。