訪英中のドナルド・トランプ大統領は4日、共和党内の反発があるにもかかわらず、メキシコからの全輸入品に5%の関税をかける計画を予定通りの10日に実施する可能性が高いと発言した。ロイター通信が4日に報じた。トランプ大統領は、もしメキシコ政府が米国への不法移民流入を阻止できなければ、年内に関税を25%に引き上げるとしている。さらに、関税発動を食い止めようとする共和党議員に対しても「もしそのようなことをするなら愚かだ」とけん制した。