米ニューヨーク・タイムズは6月3日、米ミネソタ州ミネアポリス近郊で黒人男性が白人警官に首を膝で押さえつけられて死亡した事件で、同州の検察総長は首を押さえつけた元警官のデレク・ショービン容疑者の容疑を第3級殺人(過失致死に相当)から第2級殺人(計画性はないが故意による殺人)に引き上げたと報じた。またフロイドさんの死亡時に現場にいた3人の元警官も殺人補助の疑いで逮捕する。