米ウォール・ストリート・ジャーナルは6月2日、米暗号資産(仮想通貨)交換事業者大手のコインベース・グローバルがジョークで作られた仮想通貨「ドージコイン」の取り扱いを開始すると前日に発表したことで、ドージコインの価格が急上昇したと報じた。1日午後5時から2日午前までに21%上がり41セントとなった。米コインデスクの取引データによると、41セントはこの2週間で最高値。その結果、特に目的もなく作られた同通貨の時価総額は530億ドルに達した。ドージコインの価格にはイーロン・マスク氏のツイッターでの発言が大きな影響を与えている。コインベースの発表後、同氏は2020年7月の書き込みを再共有し、「(ドージコインが世界の金融システムに包含されるのは)避けられない」とコメントを添えた。またドージコインのキャラクターでもあるシバイヌをペットとして飼う可能性についてもほのめかした。