ニューヨーク・タイムズは1日、ボーイングの新型機「737MAX」の開発段階での「ある変更」が事故を招く一因になった可能性があると報じた。その変更とは、従来の機体ではデータを取得するために少なくとも2種類のセンサーを用いていたが、737MAX完成の1年前に1種類に減らされていたこと。同紙が複数の従業員と元従業員を取材したところ、その変更について誰も認識しておらず、「当然、複数のセンサーを用いている」と想定して仕事をしていたという。この「誤った想定」によって設計やテスト、従業員トレーニングの重要な決断がなされていた可能性がある。