米ブルームバーグは6月1日、米ニューヨーク(NY)市が同日午後11時~2日午前5時まで外出を禁止すると報じた。白人警官による逮捕時に死亡したジョージ・フロイドさんの事件をきっかけに全米で広がる抗議デモを受け、各地で夜間の外出を禁止する動きが広がっている。同市内でも抗議デモが週末に複数あり、夜間に一部暴徒化したことから、ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事と同市のビル・デブラシオ市長が共同で外出禁止令(curfew)を出した。1日夜、暴徒化に備えて市警は8000人の警官を配備する。