米ウォールストリート・ジャーナルは26日、米ボーイングや欧州エアバスなど航空機メーカーが新型コロナウイルスの機内感染を防ぐ手段を模索し始めたと報じた。医療の専門家とエンジニアが協力し、大学の専門家も巻き込んで研究開発に乗り出しているという。具体的には自浄作用のある素材の開発や5日間持続する消毒手法、乗客がどこにも触れずに利用できるトイレなどだという。