ウォール・ストリート・ジャーナルは22日、S&P500種株価指数に採用されている企業を同紙が調査した結果、最高経営責任者(CEO)の年齢が50歳未満の会社が493社のうち28社(6%)しかなかったと報じた。コーポレートガバナンスの専門家たちは大企業に経営の若返りを勧めているが、実際にはいまだにベビーブーマー世代が会社を率いている。中央値は58歳だった。