ロイター通信は21日、英アストラゼネカが開発中の新型コロナウイルスワクチンの初回生産分である10億回分のうち、米国が3億回分を12億ドルで確保したと報じた。ワクチンは経済再開で重要な役割を果たすため、世界中がワクチン獲得に向けて動いている。ドナルド・トランプ米大統領の意向を受け米保健福祉省が12億ドルまでの拠出を決めたという。