ウォール・ストリート・ジャーナルは21日、2018年10月にインドネシアで発生したボーイング「737MAX」の事故は鳥の衝突により発生したもので、同様の事象が発生する可能性は低いとして、ボーイング幹部が事態を軽視した可能性があると報じた。米航空当局は、この軽視が2回目の事故につながったとの見解を持ち始めているという。