米ウォール・ストリート・ジャーナルは5月20日、米ウォール街で最も長くCEO(最高経営責任者)を務める米金融大手モルガン・スタンレーのジェームズ・ゴーマン氏(62歳)の後継者争いが4人の間で始まったと報じた。6月1日付の人事で4人を昇格させた。法人・機関投資家向け証券業務のトップを務めるテッド・ピック氏(52歳)と、富裕層向け業務のアンディー・サパースタイン氏(54歳)を共同社長に指名。またジョナサン・プルーザンCFO(最高財務責任者)をCOO(最高執行責任者)に、資産運用業務の責任者であるダン・シムコウィッツ氏は現在の業務に加えて共同戦略責任者とした。関係者によると、ゴーマン氏はあと3年はCEOを務めたいと同社役員の一人に話したという。