ロイター通信は20日、米通信会社のスプリントを260億ドルで買収する同業のTモバイルUSに対して、米連邦通信委員会(FCC)が統合を承認したと報じた。今後、さらに米司法省の承認が必要になるが、統合が実現すれば米国内で携帯通信サービスを提供する企業の数は4社から3社に減る。識者の多くはこれにより「携帯料金の値上がりにつながるのではないか」とみている。