ロイター通信は20日、米フォード・モーターが今年8月までに、世界の従業員の10%に当たる7000人を削減すると報じた。年間6億ドルのコスト削減につながるという。削減するのはホワイトカラーが中心で、うち2300人が米国内で雇用する人たち。「競争の激しい業界で勝ち残るためには中間管理職を減らして経営判断のスピードを速める必要がある」(ジム・ハケット最高経営責任者)という。