ニューヨーク・タイムズは19日、ニューヨーク市が運転手に付与しているイエローキャブを所有できる権利「タクシー・メダリオン」の価格が70万ドルにまで高騰しており、運転手は多額の借金を背負わざるを得ない状況になっていると報じた。多くの識者が「このままだとキャブの存亡が危うい」と警鐘を鳴らしているが、市は何も対策を講じていないという。