ロイター通信は19日、米グーグルが新たに技術面での更新を必要とする事業において華為技術(ファーウェイ)との取引を中止した可能性が高いと報じた。オープンソースの情報で対応できる事業のみ継続する。これによりファーウェイはグーグルが提供する基本ソフト(OS)「アンドロイド」の更新ができなくなり、中国以外で販売するスマートフォン事業に打撃を受ける可能性が高い。