ウォール・ストリート・ジャーナルは16日、今年3月にフロリダで発生したテスラのEV(電気自動車)セダン「モデル3」が衝突事故を起こした時、死亡したドライバーはハンドルを握っていなかったと報じた。テスラは、同社が開発した運転支援システム「オートパイロット」が完全自動運転を実現するものではなく、ドライバーが常に監視すべきものと主張しているが、自動運転の専門家は「間違った使い方がされないための仕組みが足らない」と批判している。