ロイター通信は16日、米小売り最大手のウォルマートが中国からの輸入品に対する関税引き上げの影響で店頭での輸入品の価格を上げると報じた。ウォルマートが「2019年1~3月期の売上高が過去9年間で最高になる」との決算発表をした際に明かした。前日の15日に米百貨店のメイシーズも同様の考えを表明していた。