米ニューヨーク・タイムズは5月12日、米オハイオ州のマイク・デワイン知事は州民に向けたテレビ演説で、同州が独自に運営する「オハイオ宝くじ」の一環として新型コロナウイルスのワクチンを接種した人の中から5人に100万ドルを支払う方針を明らかにしたと報じた。ワクチン接種の需要が低迷する中、接種者を増やしたい考え。毎週1人ずつ、5週間にわたって当選者を決める。最初の当選者は5月26日にくじ引きで決める。同知事によると、賞金は連邦政府の新型コロナ対策の予算から支払われるといい、物議を醸しそうだ。