米ウォール・ストリート・ジャーナルは5月12日、4月の米消費者物価指数(CPI)が前年同月から4.2%、前月に比べても2.6%上昇したと報じた。新型コロナウイルスの大流行から経済が復活しつつあることが影響しているとみられるが、2008年以来の上昇率に投資家たちはインフレへの警戒感を強めている。