ロイター通信は11日、米シェアオフィス大手「ウィーワーク」の取締役数人が設置した「特別委員会」がソフトバンク・グループに対して、ウィーワークの現状維持を求める訴状を米デラウェア州の裁判所に提出したと報じた。特別委にはウィーワーク共同創業者のアダム・ニューマン氏も含まれる。特別委のメンバーはソフトバンクに対して複数の訴えを起こしており、これらが解決するまでは会社を解散させない構え。