米ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、米食品医薬品局(FDA)が12~15歳の子どもが接種できる新型コロナウイルスのワクチンとして初めて米ファイザーと独ビオンテックのワクチンを承認したと報じた。夏季合宿や秋の新学期前に数多くの子どもがワクチンを接種できるようになる。2260人の治験者に両社のワクチンを2回、投与し、安全を確認した。