米ウォールストリート・ジャーナルは10日、新型コロナウイルスの影響で米国各地で工場閉鎖や人員一時解雇が広がっているが、いったん閉鎖した工場が再開する見通しは暗いと報じた。ノースカロライナ州の陶器メーカーやオレゴン州の家具メーカーなど。タイヤメーカーの米グッドイヤーもアラバマ州の工場閉鎖を検討している。こうした工場は既に市場の縮小で運営が難しくなっていたため、新型コロナが収束しても閉鎖を続けるか、規模を縮小しての再開になると見込まれている。