テッククランチは4月19日、米航空宇宙局(NASA)が火星でのヘリコプター「インジェニュイティー」の飛行に成功したと報じた。ヘリは地球からの遠隔操作で飛行した。火星は大気が非常に薄く、ヘリのような回転翼を用いた飛行体が飛ぶのは難しいと考えられていたため、大きな成果となる。