米ウォール・ストリート・ジャーナルは4月19日、ジョー・バイデン米政権がタバコ会社に対してタバコに含まれるニコチンの量を中毒にならないレベルまで引き下げるよう要請する検討をしていると報じた。米食品医薬品局(FDA)は市民団体が起こした別の訴訟で4月29日までに、メンソールたばこの販売を禁止するかどうかを裁判所に回答する必要がある。関係者によると、政権はこの日程をメドに、ニコチン量の削減か、メンソールたばこの禁止か、あるいは両方かで検討を進めているという。