米ニューヨーク・ポストは4月16日、ジョー・バイデン米大統領が同日に開かれた日米首脳会談の席上、男子ゴルフのマスターズ・トーナメントで優勝した松山英樹選手を「ジャパニーズ・ボーイ(日本の男の子)」と表現し、ネット上で批判の声が上がっていると報じた。バイデン氏は賛辞のつもりだったが、「松山英樹選手は29歳だ。日本の首相の前でそんな彼を『ジャパニーズ・ボーイ』と呼んだ」「たった今、バイデン氏は大の大人に向かって『ジャパニーズ・ボーイ』と言ったのか?おっと」などのコメントがツイッター上に掲載された。