ロイター通信は16日、米政府が中小企業の支援プログラムとして用意した3500億ドルの給与支払い向けローンの資金が枯渇しようとしていると報じた。米中小企業庁が借り手に対して説明しているという。米政権は追加の支援金を用意しようとしているが、議会の承認がまだ得られていない。