ロイター通信は17日、アップルが少なくとも4社のセンサーメーカーに対して、自動運転用のライダー調達に向けてサプライヤー評価を始めていると報じた。アップルがハードウエアの供給網構築に乗り出していることは、自動運転の開発競争に加わろうとしていることの証左となる。