米ウォール・ストリート・ジャーナルは4月14日、米国のレンタカー企業が貸し出す自動車の不足に直面していると報じた。米大手のハーツ・グローバル・ホールディングスやエービス・バジェット・グループなどは、新型コロナウイルスの大流行で需要が激減した時に生き残りのため保有する自動車を売却していた。ところが全米にワクチンが普及し、需要が戻ってきた今、車両不足にあえいでいる。