ロイターは14日、サウスウエスト航空やアメリカン航空などが夏の旅行シーズンを前に機材不足に悩んでいると報じた。事故を起こしたボーイング機「737 MAX」を使用できなくなったため。特にサウスウエスト航空は6月8日~8月5日まで、1日4200便のうち160便をキャンセルせざるを得ず、業績への影響は必至。