米ウォール・ストリート・ジャーナルは4月11日、新型コロナウイルスの大流行で歴史的な激動の1年だった2020年、米株式市場のS&P500種株価指数の登録銘柄500社のCEO(最高経営責任者)報酬の中央値が1370億ドルを超えたと報じた。同じ500社で、19年の中央値は1280万ドルだった。米エクソンモービルや米インテルのCEOなどは19年から報酬額を下げた一方で、米クルーズ船大手ノルウェージャン・クルーズ・ラインは収益が80%縮小したにもかかわらずフランク・デルリオCEOの報酬は契約延長関連のボーナスの影響もあり前年比2倍の3640万ドルに上った。