中国の華為技術(ファーウェイ)のサイバーセキュリティー責任者は11日、米国務省のロバート・ストレイヤー次官補が10日に記者を集めて「5G通信網の構築でリスクを重視する国はファーウェイ製品の使用を禁じるだろう」と話したことに遺憾の意を表明した。「たった1企業を追い出すために米政府が記者会見まで開くのは行き過ぎている」とした。ロイターが11日に報じた。