米ウォールストリート・ジャーナルは9日、1週間の失業保険の申請者数が2週間前の690万人に続き、先週も660万人に上ったと報じた。3週間前は330万人。これで申請者数の数は計1700万人となり、過去最高レベルに達している。