米ウォールストリート・ジャーナルは4月8日、ニューヨーク(NY)市内の病院が新型コロナウイルス感染症患者の治療にあたる際、どの患者に優先的に人工呼吸器を装着するかのガイドラインを作成する準備を進めていると報じた。23の病院を運営するノースウェル・ヘルスでは、ニューヨーク州が2015年に作成したスコアリングシステムを用いてその患者の生存の可能性を点数化し、生存する可能性の高い患者から装着していく計画だという。