製造業の株価暴落を予見することで知られるJPモルガンのアナリスト、スティーブ・ツサ氏が8日、ゼネラル・エレクトリック(GE)の投資判断を「中立」から「売り」に引き下げた。ブルームバーグが報じた。株価は一時、前週末比7.4%安の9.27ドルまで下げた。