米ウォール・ストリート・ジャーナルは4月7日、新型コロウイルスのワクチンを提供している米国の薬局や保健局が、ワクチン接種を終えた人は余分に確保した予約をすぐにキャンセルするよう呼び掛けていると報じた。例えばノースカロライナ州メクレンバーグ群の保健局が運営している接種会場では、予約の10%に及ぶ人が会場に現れないという。同群に限らず、各地の薬局や保健局のスタッフは、空きが出た分を埋めるために代わりに接種できる人を探さなければならず、労働負荷増に苦しんでいるという。