ロイター通信は4月7日、米トランプ政権は政府の新型コロナウイルス対策の専門家からゴーサインさえ出れば、早期に米経済を再稼働させる意向だと報じた。ラリー・クドロー国家経済会議委員長が明らかにした。ただし、症状が出たらすぐに自宅待機に入ることや、定期的な検温を義務付けるなど流行の再発防止は必要不可欠で、「米国民の生活は以前と同じようにはならない」と話した。