ロイター通信は4月5日、新型コロナウイルスの感染拡大において米国がこれから最も危機的な1週間に突入すると報じた。感染者数が最も多いニューヨーク州では、この1週間で初めて1日当たりの死者数が減ったものの、依然として600人の死者数、7300人の新規感染者が確認されている。またペンシルベニアやコロラド、ワシントンDCなどでも死亡者数の増加が始まっている。