米ウォール・ストリート・ジャーナルは4月4日、米製薬大手のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が新型コロナウイルスのワクチンの生産委託先である米エマージェント・バイオソリューションズの生産を自社の管理下に置くと報じた。エマージェントはメリーランド州ボルティモアにある工場で、J&Jと英アストラゼネカのワクチンの材料を誤って混合するミスをし、米政府が発注したワクチンの供給が遅延していた。J&Jへの管理移管はバイデン政権の意向で、この実現のためアストラゼネカは同工場での生産を中止する。