ニューヨーク連銀のジョン・ウィリアムズ総裁は4日、ニューヨーク経済クラブのイベントに出席し、「米国経済の見通しは良好だ」と述べた。国内総生産(GDP)は成長軌道にあり、失業率も低く、インフレ圧力の兆しもないのが理由。市場の悲観論を跳ね返す狙いか。ウォール・ストリート・ジャーナルが同日、報じた。