米ウォールストリート・ジャーナルは31日、2020年1~3月期の米株式市場は金融危機以来、最悪の下げ幅を記録したと報じた。ダウ工業株30種平均は同四半期だけで2万1917ドル16セント下落し、期初の23%減となった。期初は中国のみが影響を受けると考えられていた新型コロナウイルスの打撃がその後、世界中のビジネスに影響を与えている。