ロイター通信は30日、米政府が提供する新型コロナウイルス関連の経済対策に、米アメリカン航空が120億ドル分の支援を申請しようとしていると報じた。支援を受ける代わりに、次の6カ月間は従業員の解雇や給料カットを実施しない。ただし、早期退職は従来よりも好条件を提示した上で募る。支援の半分は給与税の免除、残りは資金援助として受け取る見通しだ。