インサイダー(旧ビジネス・インサイダー)は3月29日、米ナイキが米ニューヨークにある小売りスタートアップのMSCHFを商標侵害で提訴したと報じた。MSCHFはラッパーのリル・ナズ・Xとのコラボ商品としてサタニズムをテーマにしたシューズ「サタン・シュー」を販売した。ナイキはMSCHFがサタン・シューのモチーフに「エアマックス97」を使用したことで、消費者に「ナイキはサタニズムを支持している」との誤解を与え、一部の消費者から非売運動を起こされたと主張している。